2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.21 (Sun)

空き缶を使って

きのうはお天気に恵まれ、最高のフリマ日和となりました

ブログを見て、今回も来てくださった方、
新たなカントリー好きな方との出会いもあったりで
大感激の1日となりました


また次回お会いできるのを楽しみにしてます
ほんとにありがとうございました~







フルーツ缶詰キャンベルの空き缶など、
スチール缶はいろんなものに使えます

錆びないアルミ缶と違って、
だんだん錆びてきたり輝きが鈍ってくるところに味があります


私はスチール缶のごみが出ると、こうやって庭のかごに放り込んで
雨風にさらしてわざと錆びさせているのです

220320-1.jpg


そして、これを作品づくりに生かすのです



今日はこの錆びたスチール缶でミニ植木鉢を作ります

220320-4.jpg



まず、缶につける模様を選びます  私は星型を選びました

紙に下書きをします
パソコンでプリントしても良いですし、フリーハンドでも楽しそう

今回は星型のバッジを使い、周りをなぞりました

220320-5.jpg


下書きができたらハサミで切り取り…

220320-6.jpg


のりで貼りつけます。
後ではがしやすいので、テープやボンドよりのりをおすすめします

220320-7.jpg


では、模様をつけていきましょう

星型のアウトラインの内側にクギ先をトントンと打ちつけていきます
紙の上にトントンすると、クギ先が滑りにくく打ちやすいんですね

220320-8.jpg

220320-9.jpg


打ち終えたら星型をはがします。  模様がうまくついたかなぁ…

220320-10.jpg


ま、こんなもんでしょう

220320-11.jpg



缶の裏側に水抜き穴を作ります。
少し大きめなクギでランダムに穴を空けます。

220320-13.jpg


これでもう完成です  全部で3個、星型を作りました
コツがつかめたら、もっと複雑な模様にチャレンジしたいなぁ

220320-12.jpg



さっそくペパーミントを株分けしました

220320-14.jpg


そして、ビオラの横にちょこんと乗せてみました 

220320-15.jpg


これから雨風にさらされて、どんどん良いカンジに錆びていくでしょうね

220320-16.jpg


空き缶クギかなづちだけで作れるミニ植木鉢でした~



空き缶はバラしても作品に使えます

たとえばこの風見鶏  風車部分はフルーツ缶の空き缶を広げて
金切りハサミでカットして作りました

220320-3.jpg


これからもいろんな取り入れ方をしてみたいです












スポンサーサイト
15:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.15 (Mon)

今週末のフリマに向けて

いよいよ今週末となったフリマに向けて
作品づくりも大詰めを迎えています


たくさん作らなきゃと気合いも入ります

220315-1.jpg

220315-2.jpg

今回もた~くさんカットしました


今回は新作もあるんですよ
これがどんな作品に生まれ変わるのか…

220315-3.jpg


いつも人気のあるクローバーはまた作っていきますね
これはドアプレートのクローバーです

220315-4.jpg


好評のガーランド、今回は3種類作ります

220315-5.jpg


クローバーも少し形を変えて2種類作ります

220315-6.jpg


クローバーいちごりんご

220315-8.jpg


麻ひもを通して、リボンでおめかししたら完成です

220315-9.jpg




さぁ、ここからは新作づくりです
バードハウスミツバチなど、いろんな形に切り出しました

220315-10.jpg


小さくて、色もたくさん使うので色塗りはとても大変

220315-11.jpg


初挑戦のカエルくんです

カエルが好きな人って意外と多いんですよね
以前からリクエストがあったので挑戦してみました

220315-12.jpg


そして、このカエルくんが何になったかというと…

なんとガーデンスティックでした
をイメージして明るい色づかいにしてみました

220315-14.jpg


いろんなお花と一緒に飾ってもらえたらうれしいなぁ

220315-15.jpg


こちらは以前ご紹介した画鋲シリーズ
ラッピングにRedbugさんのはんこが大活躍

220315-13.jpg


ジャ~ン かわいい雑貨がたくさんできました

220315-16.jpg



あとはお天気に恵まれることを祈ります

当日晴れたら20日の土曜日川越水上公園で出店する予定です

お近くの方、お会いできたら嬉しいです




16:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.14 (Sun)

アンティークなウエスタンブーツ

先日、初挑戦したウエスタンブーツ

試行錯誤の末たどりついたのが、
アンティーク風カラーリングステンシルブーツです

220314-1.jpg


3色ほどの下塗りをし、模様を描き終えたらサンドペーパーでゴシゴシ、
わざとむらが出るように削っていくのです

220314-2.jpg


今回はにちなんで、さくら模様をのステンシルを使ってみました

220314-3.jpg

220314-4.jpg


何重に重ねた下地の色が出てくると、アンティークな風合いになります

220314-5.jpg


私はどちらかと言えば、同じものを繰り返し作るタイプではないのですが、
珍しくハマっちゃってます  すごい楽しい



妻は万年カレンダーを完成させました

220314-6.jpg


何週間もかけて描きあげていくなんて、とても真似できないなぁ…
それだけ完成したときの喜びもひとしおなんでしょうね

220314-7.jpg



小3の娘も次から次へと新作を生み出します
発想がすごくて、オリジナリティに富んだ楽しい作品ばかり


小石マトリョーシカを描こうなんて、私には思いつかない発想です

220314-8.jpg


これは画用紙に描いたマトリョーシカに竹串がつけてあって、
手づくり紙芝居で使うんだそうです おもしろいなぁ~

220314-9.jpg



春の訪れのうきうき感が、創作意欲をかき立てます
また新しいアイデアが浮かびそうな予感…

春ラララ~




16:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.13 (Sat)

さようなら 金ちゃん

今週は雪が降ったり、急に暖かくなったり、忙しい1週間でした。


駐車場には娘が作った雪だるま

220313-1.jpg


今年初めて咲いた庭の沈丁花、昨年よりだいぶ早い開花です
この香りが漂うと、いよいよ春だなぁとほのぼのした気持ちになれます

220313-2.jpg



そんな冬と春がごちゃまぜになったこの週、
とても悲しい出来事がありました。

金魚金ちゃんが突然死んでしまったのです。

金ちゃんの異変に気付いた妻が私のケータイに緊急連絡、
私は仕事中でどうすることもできず、
泣きじゃくる妻をなだめることしかできませんでした。

みるみる弱っていく金ちゃん、
水槽をコンコン叩いて元気づける妻、
電話で様子を聞いているけで、もうダメだって分かりました。

もう無理させないでいいから、最期を見取ってあげて

妻にはそう言ったものの、
妻一人にそんな辛い思いをさせているのかと思うと
やりきれない気持ちになりました。

そんなとき、次女が学校から帰って来ました。
お友だちと遊ぶ約束をしていて、お友だちを連れて
帰って来ていたらしいのですが、
金ちゃんとお別れだよ、ちゃんと最期まで見ててあげてねと娘に伝えると、
お友だちとちゃんと最期まで見届けてくれたそうです。



金ちゃんとの出会いはもう8年前

休日のショッピングモールでやっていた金魚すくい
幼い姉妹が挑戦しましたが、案の定、1匹もすくえず、
オマケでもらった金魚3匹、その1匹が金ちゃんでした。


当時はおじゃ魔女どれみが大人気だったため、
娘に最初につけられた名前は、確かどれみちゃんだったような…
大きさも柿の種ほどしかなく、ジャムの空き瓶が寝床になるほどでした。
それが8年後、25㎝にも成長したのでした



毎朝、金ちゃんおはようと声をかけ
毎晩、金ちゃんおやすみと声をかけていました。

時には、晩酌で飲みすぎた私の仕事の愚痴を聞いてくれたりと、
金ちゃんはれっきとした私たちの家族でした。


もう、体も傾き、口もえらも動かせなくなった金ちゃん、
最後の最後に、娘に尾びれを振って力尽きたそうです…


仕事から帰り、金ちゃんにお別れを言い、
庭の金木犀の根本に金ちゃんを埋めてあげました。

金ちゃん、ここならいつでも一緒だからね

家族みんなで手を合わせ、金ちゃんにお別れを言いました。


金ちゃん、今まで本当にありがとう





金ちゃんが生きた証を残したいと思い、
金ちゃんをモデルとした作品を作ることにしました。

220313-3.jpg


下絵を木に写し、

220313-4.jpg


糸のこで切り出します。

220313-5.jpg

220313-6.jpg


彫刻刀で彫り出し開始。

220313-7.jpg


やすりをかけてこんなカンジに。

220313-8.jpg


最後に目を彫り出します。

220313-9.jpg

220313-10.jpg


金ちゃんそっくりに出来ました

220313-11.jpg


台座を作り、色を塗ります。台座と金ちゃんは竹串で繋げます。

220313-12.jpg

220313-13.jpg


完成です
金ちゃんがいた窓辺に置きました。

220313-14.jpg



金ちゃん、ずっと忘れないよ。




22:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.07 (Sun)

鳩時計みたいなバードハウス

昨年の5月、毎日一緒に仕事をしているIさんから
製作を依頼されたバードハウス

いつでもいいですから~と言われたものの、
こんなにお待たせしちゃダメですよねぇ

絵画ガーデニング音楽映画、芸術全般にとても詳しくて
こだわりも感じられるIさん、

そんなIさんに気に入っていただけるものはどんなデザインだろう…と
通勤電車であれこれ考える日々が続いていたのでした。


緻密な設計とコツコツ計画的に作品を作る妻と違って
ひらめいたとたんに作業に取りかかり、一気に作り上げるという
行き当たりばったりな私は、頭にアイデアが浮かんだときが勝負


ヒントをくれたのは鳩時計

220307.jpg

こういうバードハウスもありだなと、一気にやる気モードに


毎度、かなりテキトーな設計図ですが

220307-1.jpg


木に下書きをします 1月に作ったTVキャビネットの端材で間に合いそう

220307-2.jpg


丸ノコでカットします

220307-3.jpg

220307-4.jpg


シジュウカラの訪れるバードハウスにするために、
入口の穴の直径を2.8㎝


アクリル絵の具のキャップの直径がピッタリでした

220307-5.jpg


穴が3㎝になるとスズメが入って来ちゃうので
ここは慎重にカット

たった2㎜の違いでって思ったけど、
シジュウカラの気持ちになって冷静に考えてみたら、
私の身長は、体長15㎝前後のシジュウカラの11.5倍

ということは、私から見た2㎜をシジュウカラに置きかえると、
2㎜×11.5倍=230㎜ なんと23㎝

それなら納得できます

…やはり、何事も自分のものさしで考えるのは良くないことですね
シジュウカラさん、スズメが入れない安全なお家にしますからね


220307-6.jpg

220307-7.jpg


本体を組み立てます
ビス打ちやクギ打ちする前の仮どめには両面テープが便利です

220307-8.jpg

220307-9.jpg


土台部分が完成しました

220307-10.jpg


本体を飾り付けるパーツを作ります

220307-11.jpg


葉っぱドアです。

220307-12.jpg


木をボンドで貼り付けたら、ステイン系の塗料を塗ります
ドアもボンドで貼り付けます。

220307-14.jpg


ドアノブには錆びた古クギを使ってみました。ハンマーで打ちこみます

220307-15.jpg


赤く塗った屋根を取り付けます。

220307-16.jpg


木製のモールが余っていたので屋根に取り付けてみました

220307-17.jpg


緑に塗った葉っぱ屋根にニスを塗ります。
特に屋根には繰り返し塗りを何度もしました

220307-19.jpg


最後に本体に葉っぱをくっつけたら…

220307-20.jpg

220307-21.jpg


ついに完成です

220307-23.jpg

220307-24.jpg


このバードハウス、
1年近くもお待たせしたIさんにプレゼントすることにしました

明日、会社でお渡ししようと思います。

喜んでもらえるといいなぁ…






14:07  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.04 (Thu)

ひな祭り

きのうはひな祭り

220303-1.jpg


いつもより早めに仕事から帰ることが出来たので、
家族そろって晩ごはんをいただくことが出来ました

今年はどんなひな祭りメニューなのかなぁ…


なんと 具だくさんのお寿司のケーキ

220303-2.jpg

写真の撮り方がイマイチだったので画像でうまく表現できませんが、
デコレーションケーキのようになっていて、直径が30㎝ほどありました
いちばん下の層は梅の味になっていて、ほんのりピンク色です


そして、定番のはまぐりのお吸い物
国産のはまぐりは1個4~500円もするそうなので、
普段はなかなか口に入りませんね
そう考えながらいただくと、美味しさも倍増です

220303-3.jpg


かなりのボリュームでしたが、酢飯って結構食べれちゃう
あっという間の完食でした



続いて、お雛さまケーキ
これはケーキ屋さんで買ってきたそうですが、よくできてますねぇ

220303-4.jpg

やっぱり、いちごのケーキはいちごサンドに限るなぁ…


先日、娘が部屋いっぱいに千代紙やら色画用紙を広げて何やら作っておりました

わくわくさんでやってたから作ってみた~と、
完成したのがこのおひなさま

220303-5.jpg

わくわくさんでは顔の作りがマジック描きでシンプルだったそうで、
彼女なりのアレンジで楽しそうな表情の顔を作ってみたそうです
…そうそう、手づくりはそのプラスひと手間が大切なんだよね


体の部分は紙のお皿でできていて、扇子はマドレーヌの紙みたいなやつかな
ちゃんとも供えてあるんですね 扇子の柄がめっちゃアメリカン

220303-6.jpg


背面を見たら、ちゃんと立つようにストローで脚組みされていました
これは自分で考えてくっつけたそうです しかし、こういうのよく思いつくなぁ…

220303-7.jpg


せっかくなので、本物のひな壇に飾ってみました
やっぱりには映えますね~

220303-8.jpg

220303-9.jpg


みんなで記念撮影

220303e_20100304115510.jpg


今週末にはまた屋根裏収納に戻りま~す  また来年




10:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。