2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2014'02.24 (Mon)

和室のリフォーム④ ~シェルフの取り付け~

先週まで全国各地を襲った大雪

山梨の友人の息子さんは、大学受験の数日前から街から出れなくなり、
結局、試験会場に行けなかったそうです
後日、救済措置がとられたそうで本当に良かったですが…

4月入学がほとんどの日本の学校だから、この時期に受験は仕方ないけど、
せめて英検みたいに、各県で受験ができるようにできないものか…
地方の方々にとっては、東京に出てくることだけでも大変ですもんね

大雪でご苦労されたみなさん、本当にお疲れさまでした




街のところどころでまだ雪が残っていますが、
少しずつ陽が長くなり、着々と春に近づいているのを感じます

今週もリフォームの続きをやりました

260223.jpg



今回は赤松集成材を使ってCDやDVDなどを収納するシェルフを作ります。

260223-1.jpg



この柱と柱の間に少しきつめに入るようにミリ単位の作業でした

260223-14.jpg



ハンマーでたたきながらぴったりと入れることに成功

260223-2.jpg



色を塗ります
下地にワトコオイルミディアムウォルナットを塗り、

260223-3.jpg



上からローズガーデンカラーのパリジャンブルーを少し粗めにペイント

260223-4.jpg



色塗りができたら再度この場所にはめ込み、

260223-5.jpg



中に仕切りを作ります。
DVDで縦に2ケース入る高さで、
仕切りの位置を変えればCDが縦に3枚入ります

260223-6.jpg



次に扉ですが、あれこれ悩んだ結果、この額縁を使うことに。

この部屋には娘たちがもらってきた賞状や、
大きく引き伸ばした娘たちの写真を入れて飾っていたものです

サイズはA3

260223-7.jpg



これを2枚合体させて扉を作りました

260223-8.jpg



木枠の飾り彫りが扉にぴったりです

ガラスは抜いていますが、
このフレームに布や写真を入れて飾ることもできます

260223-9.jpg



全体に色を塗ったら完成で~す

260223-10.jpg



この部分はもともと設計図にはなかったのですが、
扉を額縁で作ることになったために、予定より扉が大きくなり、
サイズ合わせで付け足した部分です。

でも、これがあった方が良いカンジ

260223-11.jpg



また一つ、この部屋に新しい表情が加わりました

260223-12.jpg

次はどこをいじろうかな???





12:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.16 (Sun)

和室のリフォーム③ ~柱と壁紙~

先週に引き続き、大雪に見舞われた休日

シジュウカラも寒そうにジーッとしています

こんな悪天候ですが、家の中での作業にまったく支障はなく、
この週末も妻と2人で黙々とリフォームの続きをやりました。

260215.jpg



柱と鴨居を塗ります 塗らない部分はしっかり養生。
塗料はローズガーデンカラー、色はオーヴを選びました。

260215-1.jpg



境目の細かいところは特に神経を使いました
マスキングが思うようにうまくいかずまさかのフリーハンドで
息を止めて慎重に慎重に…

260215-2.jpg



天井と対照的なはっきりした色なので、メリハリがついたカンジです

before

260215-3.jpg



after

260215-4.jpg




次に壁紙を貼っていきます  
柄は少し赤みを帯びたレンガをチョイス

のり付きなので、シール感覚で貼ることができますが、
のりがかなりたっぷり付いていてそこいら中ベトベトになるので
床にも広めの養生をしましょう

260215-5.jpg



なでバケで空気を抜きながらしっかりと貼りつけていきます。

260215-6.jpg



地ベラで角をきっちり押さえ、カッターで切っていきます

260215-7.jpg



部屋の一部がガラッとイメージチェンジされました

before
260215-8.jpg



after
260215-9.jpg



ふすまの戸にもレンガの壁紙を貼りました

260215-10.jpg



真ん中が扉の部分です
この戸が開くと秘密の扉が開いたみたいなカンジ
オープン、セサミ~

260215-11.jpg

来週以降もどんどん手を加えていきます



15:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.09 (Sun)

和室のリフォーム② ~天井の塗り替え~

久しぶりの大雪~

東京は20㎝の積雪で大パニックですが、
毎冬、家の一階部分がすっぽりと雪で覆われる環境で育った私、
雪が降ると嬉しくて犬のように外に出ていきたくなります

でも、急に気がついたことが…
これまではこういうときに娘と外に遊びに行けましたが、
下の娘ももう中学生、
父親と外ではしゃいで遊んだりはしない年頃なんだと…

私ひとりで公園で雪遊びをしては危ないオジサンになってしまうので、
仕方なく庭で小さな雪だるまを作って遊ぶことにしました

スキーもそうだけど、雪遊びってすごく無心になって楽しめて
ついつい時間を忘れてしまいます
雪国生まれの血が騒ぐ~

260209.jpg



午後になり、雪がどんどん積もり始めると、
今度は娘が外に出て大きな雪だるまを作り始めました
それならさっき一緒にやりたかったよぉ

260209-1.jpg



まぁ、娘らしい手の込んだまつ毛つき雪だるまです

260209-2.jpg



雪ダルマと記念のツーショット

260209-3.jpg




和室のリフォーム、次は天井の色を明るく塗り替えます

260209-4.jpg



妻がいつか使いたいと言っていたアメリカ製の塗料オールドビレッジ
ミルクが主成分で、アメリカ開拓時代のペンキを忠実に再現したもの
缶だけでも飾っておきたくなるようなデザイン

色はワイルダーチェアーイエローを使います。

260209-5.jpg



天井を塗るために購入した伸縮式つぎ柄付きローラーばけ
高い場所を塗るときにとても便利

260209-6.jpg



天井の3分の1くらい塗ったところでアクシデント
力を入れ過ぎたせいか、つぎ柄がポキッと折れてしまいました
まだまだたくさん塗らなきゃならないのにー

260209-7.jpg



それでもめげずに妻と2人で塗り続けます
私がローラーで全面を、妻は境目を小さなハケで細かく塗りました。

天井を塗るのでほとんど万歳状態で作業が続きます
首も肩もバッキバキ、明日腕が上がるかなと心配になりました

260209-8.jpg



そんなときに思わぬ助っ人
「ウチもペンキ塗りた~い」と娘がお手伝いを始めました

260209-9.jpg



3馬力にもなると本当にはかどります

こどもだったら後で塗り直しとか必要だったでしょうけど、
中学生にもなるとさすが!仕事が丁寧でちゃんと戦力になってます

260209-10.jpg



ようやく塗り終わりました~

写真下の部分がもとの色、鴨居から上が塗った部分です。

260209-15.jpg



部屋がとても明るくなりました

260209-11.jpg

次は柱の塗装にかかります
何色にするか、いまだに妻と私の意見が合わずなかなか決まりません。
輸入雑誌などを参考にしながら、2人が納得できる良い色を探し中です。




1日たったら雪もどんどん溶け始めました。
庭の雪だるまも跡形もなく溶けてしまいました

ちょっと水気をおびて固めやすくなった雪をつかって娘がもう一作品
雪で作ったソファです

260209-12.jpg



思い立ったが吉日、やり始めたら夢中で一気に作り上げる娘のスタイル

260209-14.jpg

うん、そういうとこ間違いなくパパ譲りだね





18:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.02 (Sun)

和室のリフォーム① ~畳をフローリングに~

ある日、仕事から帰りトイレに入ると…

260202.jpg



トイレのフローリングがすっかり変わっていました
またまた妻によるプチ改造です

ハサミで簡単にカットできるトイレ用のクッションフロアだそうです
フロアの色が変わるだけでたいぶイメージ変わりますね~
掃除もしやすくなったそうです

260202-1.jpg



トイレの床のリフォームに続いては、
ここ数年、ずっと後回しにしてきた和室のリフォーム

こどもたちの遊び部屋に使われていたこの和室、
ジャングルジムやままごとキッチン、リカちゃんやシルバニアなど、
いろんなおもちゃにあふれた娘たちの秘密基地みたいな場所でした

ようやくお人形遊びなどしない年頃になったので、
いよいよこの部屋もリフォームを開始することにしたのです。

260202-2.jpg



畳の上に敷いていた井草のマットをはがすと、意外にキレイな畳が。

260202-3.jpg

260202-4.jpg



畳をはがして、

260202-5.jpg

260202-6.jpg



床を敷く前に殺虫剤をまいてよく乾燥させます

260202-7.jpg



合板の上に45ミリの根太を約303ミリ間隔で敷いていきます。

フローリングの基礎になる部分なので、
きちんと寸法を測りながらしっかりとビスどめするために
ここからは妻と共同作業

260202-8.jpg



根太の間に断熱材をはめ込んでいきます。

260202-9.jpg



私がビス打ち、妻が断熱材の採寸&カットを同時進行
2人がかりだと効率いい~

260202-10.jpg



全部敷き詰めたら、きしみや浮き上がりがないか踏みながらチェック

260202-11.jpg



これで基礎が完成です

260202-12.jpg



この上にフローリング材を敷いていきます。

一般住宅用の合板は幅が30㎝ほどあり、
このようにはじめから板が4枚くっついた合板なのですが、

260202-25.jpg



あえて無垢材を使うことにしたため、
9㎝幅の1枚1枚を地道に貼りつけていくことになりました

260202-13.jpg



カットは丸のこで、3枚ずつ差し込んでからカットしました

260202-14.jpg



クギで打ちつける前にフローリングを仮置きして足場代わりに。
根太の上を歩くのはとても不安定なので、
仮置きしておけば、足場にもなるし工具も置けますね

260202-15.jpg



ここから1枚1枚、地道にフローリングを打ちつけていきます

無垢材は湿度や気温で伸縮したりするので、
板と板の間に名刺サイズの紙を挟み、はめ込んでいきます。

根太に根太用ボンドを塗り、フロア材を差し込み、
角材をあて、ハンマーでフロア板を打ち込んだら

260202-16.jpg



フロアくぎを打つところにドリルで下穴を開け

260202-17.jpg



根太の上にきまるようにフロアくぎを打ちます
最後までしっかり打ち込むためにポンチという道具を使います。

260202-18.jpg



少しでき上がったら、ようやく座りながら作業ができるようになりました
しかし、これからが長かった…

クギ打ちは好きなのですが、さすがに飽きがくるほどの量でした

260202-19.jpg



そして2日目にしてようやく完成~

260202-21.jpg



BEFORE

260202-26.jpg


AFTER

260202-22.jpg

きしみもなくキレイに仕上がりました 

今後、リビングとの境にあったふすまを取っ払い、
L字型の広々リビングに改造していく予定になっています。

材料費は全部で6万円弱
業者に頼むと20万円~30万円かかるそうなので、だいぶ安上がりにできましたね
次は壁と天井のリフォームが控えています 頑張るぞ~



…気がつけば私の誕生日
部活で忙しい娘がつくってくれたプレゼントは…

260202-23.jpg



パパが好きなお菓子ばかりを集めて作ったチョコレートタワー
板チョコや麦チョコ、スナック菓子、クッキーでいっぱい
ただ重ねただけでなく、デコレーションペンでちゃんと固定してありました。

260202-24.jpg

私がワインのおつまみでいつもチョコレートを食べているので
それ用に作ってくれたようです

板チョコだけで4枚あるそうなので当分楽しめそうです
このボリューム、まさにアメリカンですね

いつもありがとう~








15:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |