2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'08.26 (Fri)

里帰り2016

ビールが美味しい季節~♡

280813.jpg



ビールがウマすぎてピースでエライザポーズ! …なのですが

280813-1.jpg



実は、8月で二十歳になった娘と初の居酒屋デートが実現!
この日をどれだけ待ち望んだことか!
親父の夢に快く付き合ってくれる娘に感謝感謝の1日でした。

280813-2.jpg




そして1年ぶりの帰省。

今年は私一人、車で帰省したため、道中眠たくならないようにと
出発からゴールまでアニソンを大音量で流して
アニソン歌手になりきっての運転でした!

ロック系を聴きながらだとついついスピード出しがちですが
アニソンだと終始平和な気持ちで、無理な割り込みされても
「どうぞどうぞ~♪」と笑顔で道を譲ってあげられたりして。

ささきいさおさん、水木一郎さん、子門真人さん、ヒデ夕樹さん、
それぞれの声に近づけながら歌うのですが、
元祖天才バカボンの「タリラリラーンのコニャニャチワ」を
ささきいさおさんで歌うのがすごくハマるのを発見!

そんなことしながらのご機嫌ドライブ。
その分、いつもより時間がかかった気がしますが結果オーライ。

280821.jpg



高速を降りたころに流れ始めた「巨人の星」のオープニング曲。
気持ちの良い間奏のトランペットの音色に聞き惚れていると、
目の前に飛び込んできたこの看板!

なんと、ラーメン飛雄馬と書いてあるぞ!
こんな偶然あるのかとかなり興奮してしまいました。
今度帰ったときはお店に寄ってみたいです。

280821-1.jpg




自然がいっぱいの故郷に到着ー

私もここ数ヶ月、体調を崩したりいろんな辛いことが重なりましたが、
実家の両親もいろいろ大変だったようで…

280821-3.jpg



中でも、母がホテルのレストランで食事をして食中毒にあった話は
新聞にまで取り上げられたそうで…

この男女4人の中の一人が私の母だったわけですかぁ…
こんなことあるんだなーと。
結構お高めのレストランだけに、こんなことになるなんて予想外でした。

280821-4.jpg




翌日、高校の同級生が近くの郵便局の局長さんになったと聞き
30年ぶりに顔を見に行って来ました。 もちろんサプライズで!

彼とはちょうど30年前に代々木駅付近の小田急線の踏切で
ばったりと会ったっきりでした。
お互い夢を追いかけていた時代だったねぇ、なつかしいなぁ…

280822-1.jpg



彼は絵の才能が天才的で、高校時代、私と仲間のバンドの
アルバムジャケットを描いて欲しいと彼にお願いしました。

この写真を彼に渡し、「ウィズ・ザ・ビートルズ」のジャケットみたいに
モノトーンで顔半分に光が当たってるみたいな感じに描いて欲しい!と。

もちろん出来栄えは完璧でした!
当時は嬉しくて自分の部屋にも飾っていたほどです。

280822-2.jpg

まさかこんな再会があるなんて、思いもしなかったです。
本当に嬉しかった!またゆっくりお会いしたいですね!



数日後、長女も新潟に来てくれたのですが、
鼻がムズムズしてたまらないというので地元のお医者さんへ。
予約もとっておらず、結構な待ち時間ができてしまったので
その間、娘を母に任せて私は地元の商店街を散策。

夏休みなのにこどもたちの姿もなく、お年寄りの姿ばかり。

280825-6.jpg



大半のお店のシャッターが閉まったままで、
昔通い詰めたレコード屋さん、楽器屋さん、ゲーム屋さんなど
お店は全部きれいに無くなっていました。

280825-7.jpg



小さいころ、母とよく来た神社。

280825-9.jpg



手水場のこの竜は40数年経っても同じ姿で迎えてくれました。
この口の中にどれだけ手や棒切れを突っ込んで遊んだことか。
竜さん、本当にごめんなさい!

280825-10.jpg



この手水場の屋根の彫刻がこんなに見事だったなんて!
今日までまったく気づきもしませんでした。
こども目線ではなかなか気が付かないものかもしれませんね。

280825-11.jpg




商店街をしばらく歩いていくと、中学校の登校路に出ました。

280825-15.jpg



細くて入り組んだ路地、整備され無くなった小道もありましたが
いざ歩き出すと当時の勘が残っているみたいで、
すいすいと歩き進んで行けるから不思議です。

この細い路地を入り、急な坂道を延々と登って中学校へ向かいます。

280825-12.jpg



階段の中腹から見た景色。
赤い星印の山の向こうに我が家があり、
あの山を下って、この山を登り切り、さらにもう一つ山を登るのです。

280825-13.jpg



冬は雪で覆い尽くされたこの坂道を登っていたんだっけ…
今なら父兄から「危ないから通らせない!」とか言われそう…
山を下って登って、また登ってという片道徒歩40分の通学路は
体だけでなく精神も鍛えるのに一役買っていたのかな??

ちなみに当時私は筋トレにハマっていて、
3キロもある鉛入りのシューズを履いてこの道を通学していました。
おかげで筋力よりも変な歩き方の癖がついたと友達に笑われましたが。

280825-14.jpg

結局登り切れず、途中で坂を降りました。
これ、毎日登ってたなんて信じられないなぁ…




帰省するときは工具を一式持っていきます。
今回、家の修復はする必要がありませんでしたが、
数年前に作ったバードハウスがヘビの被害になって処分したとのこと。

せっかく小鳥たちが遊びにきてくれているので
また巣作りしてくれる期待をこめてバードハウスを作りました。

材料は古くなって割れかかった雪囲い用の板です。
とまり木用にハンガーフックをつけてみました。
穴のサイズはシジュウカラやヤマガラ用に約27ミリに。

280825-16.jpg



天板は蝶番で取り付けて開閉自由に。
底板は水はけを良くするためにドリルで複数個所穴を空けます。

280825-17.jpg



余った木でエサや水を入れられるエサ台を作りました。

280825-18.jpg



さっそくヤマガラが遊びに来ました。
母の写真でよく見せてもらっていましたが、実物は本当にカワイイ!

280825-19.jpg



遊びでつけたとまり木にもちゃんととまってくれました。

280825-20.jpg



この新しい遊び場を友だちにも教えてやってくれ~

280825-21.jpg



ゴロゴロ昼寝と楽しい晩酌であっという間の夏休みでした。

280825-23.jpg

またこの大自然に囲まれての~んびりしたいなぁ…

お父さんもお母さんも元気でいてください。
また会いに行くよー!








13:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://emilybridge.blog23.fc2.com/tb.php/445-563b2ca0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。