2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016'09.25 (Sun)

先生!

秋の味覚ー♡

280925.jpg



猛暑からは解放されましたが、曇りや雨続きのこの頃。
でも、待ちに待った映画が公開されて気分は上がってます!

最近は娘の部屋の住人となっているこのカジノ君、
久しぶりにアンプにつないで指が痛くなるまで弾きました。
そう、CDを聴いちゃうと弾かずにはいられなくなる!

280925-1.jpg



ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK~!!!!!
妻と娘の3人で行って来ました。

280925-2.jpg



デビューから1966年までのワールドツアーイヤーの
ビートルズの未公開シーン満載のドキュメント映画。


特に印象に残ったシーン。

人種差別が当たり前に行われているアメリカ南部に訪れたとき、
コンサートで白人と有色人種の席が分けられることに猛抗議した4人。
インタビューで「イギリスではそんなことはあり得ない!」と抗議、
席を一緒にしないとコンサートはやらないと言い放った場面。

当時、アイドルがそんなこというなんてあり得ない時代。
人気や名声、巨大な富を得ても、ぶれることなくはっきり言えるところ。
カッコよくて鳥肌がたちました。


エルヴィス・コステロがアルバムラバーソウルが出たときに
ロックンロール色が無くなった雰囲気に「何だこりゃ???」と…
でもその後、聴くたびにどんどん魅かれていき
半年もどっぷりとハマってしまったという話とか。

ビートルズはたった数年で音楽シーンをすべて一新した
偉大なアーティストなんですね。

シューベルトと比較するんじゃなくて(シューベルトよりは上ってこと)
比較すべきはモーツァルトなのだと音楽家が話していました。
そうすると、いずれ音楽室にバッハやショパンらと並んで
ビートルズの4人の絵が飾られるのかもしれません!



最後は4Kでリマスターされたシェイ・スタジアムライブ
(昔はシェア・スタジアムって呼ばれていたけど…)
まるでコンサート会場にいるかのような臨場感!

自分の持っている映像のクオリティとは全く別物でした。

280925-3.jpg

何といっても、いちばん最後の曲「I'm Down」が最高でした!
ジョンがオルガンを弾きながらふざけていて、
メンバー4人が本当に楽しそうに演奏しているシーンです。


3~4年後に、あの映画「LET IT BE」の空気になっちゃうのか…
そう考えるとちょっとしんみりしちゃいましたけど、
とにかくエネルギッシュで最高のライヴでした!

280925-7.jpg

解散後のメンバーのインタビューもたくさん入っていて
まるでジョンやジョージがまだ生きているような錯覚を憶えます。

この映画、絶対おススメです!
ビートルズを知らない人の入門編としても良いかも!




先日、待ちに待ったものがようやく届けられました。

280925-4.jpg



ペインティング?

280925-5.jpg



このたび、めでたく妻がトールペイントの講師に認定されました!

280925-6.jpg

いつもコツコツと何年も描き続けたてきた妻への最高のご褒美!
この認定証をもらうまでになんと10年かかったそうです!!

テキストを繰り返し読んで臨む資格取得試験と違い、
技量が伴わないと認定されない試験、
受かるのは相当大変なことなんだと思います。

これからは「先生」とお呼びしないといけないかな?
先生、本当におめでとうございました!



これが最近先生が描き上げた作品です。
今後、秋、冬の景色と続いていく作品だそうです。

280925-8.jpg

完成が楽しみです。


自分も趣味のために何か資格をとろうかな?
取得するなら、仕事柄、ファイナンシャルプランナーなんでしょうけど、
重機の運転免許とか、DIYアドバイザーの資格に憧れます!

定年まであと約10年、老後のためにそういう準備も必要かな…?



14:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://emilybridge.blog23.fc2.com/tb.php/448-be61c658

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |